交渉人 真下正義 スタンダード・エディション
 この商品は送料無料です。 篠原涼子/花嫁は厄年ッ! DVD−BOX

DVD

ハケンの品格DVDが出ました!

ハケンの品格DVDが出ました!

大変人気のあったハケンの品格のDVDが出ました。

こちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ハケンの品格 DVD-BOX
おすすめ度 :
コメント:


ハケンの品格 DVD-BOX

(PR)ソダブラ口コミ

(PR)問屋

(PR)インディアン伝承シャンプー
| DVD

あらすじ

派遣の品格 第六回あらすじA

予想以上の売り上げに気をよくした東海林は翌日の分の追加注文をしに 「シルスマリオ」 の社長くに子の元に浅野を連れて直談判に行く。



昼休みのOLで賑わう二日目の会場で、春子が東海林の作ったコメントをくだらないと一行飛ばしたことから言い合いになる。義理チョコは職場の潤滑油だと主張する東海林に対し、義理チョコはドブにお金を捨てるようなものだと言い張る春子。そのトークバトルが春子の持っていたマイクで、チョコを買いに来たOLたちで大賑わいの会場に流れてしまう。 春子のはじめての失敗であった――


ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

あらすじ

派遣の品格 第六回あらすじ@

S&Fでは、東海林の企画でチョコレートの名店 「シルスマリオ」 と提携し、春から新製品の全国規模での販売を決定。その宣伝を兼ねたリサーチをするため、バレンタインのイベントをマーケティング課が開催することになった。



イベント当日、販売要員としてハケンライフから臨時のハケンたちが集められた。その中の一人ウグイス嬢を担当する早苗が、イベント会場で賢介に一目ぼれをしたと本命チョコを差し出す。しかし、「仕事に集中して下さい」 と賢介に断られた早苗は、仕事を放棄して帰ってしまった。慌てて現れたハケンライフの一ツ木が、かつて選挙演説のウグイス嬢として代議士を3人も当選させたことがある春子を早苗の代役に指名。かぶりものを嫌がる春子を説得。そして、春子の美声のアナウンスに会場は忽ち大賑わい。


ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

その他

派遣社員とは

 派遣社員とは、普通の企業に雇われて、企業から直接報酬を受け取るのではなく、人材派遣会社という働きたい人と企業を仲介する業者と雇用計画を結び、企業で一定期間、就労し、派遣会社から給与をいただく形態のことです。
 派遣社員として働くには、まず、人材派遣会社に登録します。履歴書をだし、面接を受け、働きたい人の希望などにより、働く企業を決定し、働くことができます。派遣社員にもメリット、デメリットがありますが、特に自分のライフサイクルの合わせて、働くことができ、人気を呼んでいます。

ハケンの品格で、春子さんは派遣社員の中のエリートなんですね。しかし、時給3000円の派遣はすごい。世の中にはいるんでしょうなぁ。

ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

あらすじ

派遣の品格 第五回あらすじA

派遣の品格 第五回あらすじA

S&Fに年に一度の国税局の査察が入り、
販売二課の過去の小麦の決済に粉飾決算の疑いがあると指摘される。
ところが、無実を証明する99年度分の伝票は手書きで、
どこかに仕舞い込まれてしまっていて、所在が誰にもわからない。
時間がないとマーケティング課も応援を頼まれ、地下倉庫に向かう。



そこへ、春子が無理矢理、定食屋から小笠原を強引に連れてくる。
小笠原は当時バリバリの営業マンでその倉庫には何度も足を運んでいた。
そしていとも簡単にその伝票の入った箱を探し出した。
その時、タイムリミットの5時まであと1時間と迫っていた。


ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

あらすじ

派遣の品格 第五回@

派遣の品格 第五回あらすじ@

人事部が小笠原の嘱託契約を打ち切ることを決めた。
小笠原も以前は腕のいい営業マンだったが、もう会社に残すことはできないということになった。



賢介は部長の桐島から、それを本人に伝えるよう命じられる。悩む賢介。
しかし、そのためのリサーチに春子と共にデパートに出向いた小笠原は、
おもちゃ売り場のゲームに夢中になり、迷子になる。



桐島に小笠原に対する評価を聞かれた春子は、マーケティング課のお荷物だと答えてしまう。
それを聞いた賢介と東海林は、春子に 「人を思いやる気持ちはないのか」 と猛反撃するが、
春子に小笠原のことを 「会社に甘えて、危機感がなさ過ぎた」 と言われ、返す言葉がない。


ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

出演者(キャスト)

黒岩匡子@板谷由夏

黒岩匡子こと、板谷由夏さんの紹介です。

30才、販売二課社員である。賢介、東海林と同期のキャリアウーマン。正社員である自分を誇りに思っている。派遣を見下し、「ハケンさん」と呼んでいる。あんまり仕事もないマーケティング課に来て森に地域別売り上げを商品ごとにまとめ営業所と支社別に打ち込むように仕事を頼むがその出来の悪さに怒り心頭。その後販売二課の派遣に仕事をさせ、森の作成した書類のミスを部長に報告したりする。美雪がコーヒーサーバーを壊したと思い3ヶ月の契約期間中に分割で15万弁償するように言う。。(年収520万円)


【プロフィール】
1975年6月22日生まれ O型

映画やテレビ、CMの他、ファッション誌にモデルとして出演するなど活動は多岐にわたる。
デビュー作「avec mon mari」(98)で、第21回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。



ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

出演者(キャスト)

大前春子@篠原涼子

時給3000円のスーパー派遣社員。3ヶ月限定の仕事が済むとどこかにいなくなる。私生活・趣味・恋などについて自分のことは絶対に人には絶対に話さない主義である。謎めいた女性であり、笑わないという大前春子(篠原涼子)だが、休日は笑顔をみせる。また、仕事は素早く会社からの信頼は深く、超難関の資格を27個持っている。人と関わりたくないのか、例え上司であっても憎まれ口を叩くが言っている事は間違っていない。心優しい部分もある。口癖は、「…ですが、何か?」である。フラメンコが得意なようである。


篠原涼子プロフィール。

    本名     篠原涼子

    生年月日   1973年8月13日

    出身地    群馬県

    血液型    B型

    星座     獅子座

    身長・体重  162cm 45kg



ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000018-oric-entYahoo!ニュース - オリコン - 篠原涼子、ジュエリー賞が刺激に!

あらすじ

ハケンの品格 第四回A

そんな折、東海林がロシアの企業との商談を任されることになった。
モスクワ駐在経験ある東海林はロシア語に自信があるため、
春子にいいところを見せようと、交渉の当日の秘書役を依頼。
ところが商談の席上、東海林はロシア人バイヤーの迫力に圧倒される。
そしてその夜、東海林は、春子と二人きりで話をしようとカンタンテの外に呼び出し、果敢にアタックするが空回り。
母親が急病という理由で休んでいる美雪に、ハケンライフの一ツ木が連絡をするが、
ケイタイが繋がらず、群馬の実家に電話をしてみると、病気のはずの母親当人が応対し、
至って元気であり、美雪が嘘をついて休んだことが判明。
実は、別のハケン会社の面談に行ったことを知った春子は、その会社に急行する―


来週もお楽しみですね。

ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

あらすじ

ハケンの品格 第四回@

東海林はバス停のキスから、春子のことが気になってしょうがない。
ケイタイの番号を託したにも拘らず、電話もかかってこない。
そして偶然にもその現場を見てしまった賢介もまた、気を揉んでいた。



一方、美雪は、はじめて貰った給料のあまりの少なさに大ショック。
家賃や光熱費を支払うとこ一ヶ月ももたないと春子に借金の相談をするが、あっさりと断られてしまう。
悩んでいると、ハケン仲間の香から、他のハケン会社にも登録したらどうかと勧められ、
早速登録してみると、時給1800円の受付の仕事の面談が舞い込んできた。
明日が面談でどうしたものかと香に相談してみると、みんなやっていることだから、
何か理由をつけて休んで行けばいいと教えられる。


ハケンの品格〜ハケン(派遣)の品格 応援団〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。